Agentec

VR2.0が
ビジネスシーンを“革新”

高機能で表現力豊かな360度パノラマVRを
誰でもカンタンに制作・公開・分析。
VR2.0があらゆるビジネスシーンを変えていきます。

VR2.0丸分かり映像を見る

VR2.0とは?

  • VR

    従来のVRソリューションは、空間と人の動きを紐づけて「空間を楽しむ」「空間を移動する」ことを目的としています。

    既存VRイメージ
  • VR2.0

    誰でも簡単に「空間」と「情報」を組み合わせて、「伝わる」コンテンツを制作できます。

    他社製品と比較して高機能

VRについてもっと詳しく

  • 2016年 VR(=Virtual Reality)元年
    360度パノラマ(動画、写真)の活用範囲が拡大

    ヘッドマウントディスプレイの登場

    VR元年といわれる2006年以降、ヘッドマウントディスプレイやVRゴーグルが一斉に登場し、
    リアルと同等な空間に人間の動きに紐づくアクションを起こすことで仮想現実を実現しています。

    映像技術も革新を続け、より高技術、高品質な映像を追求し、今後もVR市場は拡大し続けることが予想されます。


    しかし、従来のVRソリューションは
    「空間を楽しむ」「空間を移動する」のが主な目的でした。

    • Google ストリートビュー Google ストリートビュー
    • 360度パノラマカメラ 360度パノラマカメラ
    • Youtube360度動画 Youtube360度動画
  • これからは誰でもカンタンにVRコンテンツを作る時代。

    しかし、従来のVRサービスは「空間を楽しむ」「空間を移動する」ことがメインで特性を生かし切れているとは言えません。
    VRを十分に活用できる機能が不足しているのです。


    高機能かつ豊かな表現力で「伝える」ことを可能にし、
    ビジネスやコンテンツに“革新”をもたらす――。それがVR2.0です。

VR2.0の特徴

  • 未来を切り開くIT価値を世界へ ようこそエージェンテックへ ご挨拶

    360度パノラマ空間に多彩な
    コンテンツを加えることができます

    「空間を楽しむ・移動する」から派生したナビゲーション主体のVRサービスと異なり、360度パノラマ空間上にコンテンツを展開し、「表現する・訴求する」を主体としたサービス設計をしています。他社のVRパノラマサービスと比較して最も機能が充実していると自負しています。

    360度パノラマ空間
  • 活用イメージ

    あらゆるビジネスシーンで
    活用できる機能を備えております

    営業や教育ツールで使用する場合、360度パノラマVRをオフィスや店舗内など、限られた空間だけで閲覧できるよう制限したり、利用者を限定するなどが求められます。また、PCをはじめタブレット、スマートフォン、タッチパネル等、マルチデバイスで利用できる必要もあります。様々な用途で360度パノラマVRをご利用いただけるよう、設計しております。

    ・多様な用途で・限定利用も可能・どんなデバイスでも
  • 誰でも簡単に360度パノラマVRコンテンツを制作できます

    操作のしやすさにこだわり、専門的な知識がなくても360度パノラマVRコンテンツを制作できるようツールを提供しております。
    コーディングスキルを必要とせず、PowerPoint®レベルの簡単なマウス操作で誰でも簡単に360度パノラマVRコンテンツを制作することができます。

  • 解析イメージ

    パノラマ空間内のユーザー行動まで
    分析することができる

    他社サービスでも、分析できる、と謳ったものはありますが、実は空間内のユーザー行動までを分析できるものはありません。エージェンテックのサービスは、視聴・閲覧者の閲覧時間やクリック箇所・回数等の利用データを収集し、その利用状況を分析することにより、視聴・閲覧者の関心や嗜好を把握して、営業やマーケティングに役立てることができます。

    360度パノラマ空間

クリックして開く

  • 様々な撮影機器

    様々な撮影機器に対応

    1度の撮影で360度空間を撮影できる撮影機器に対応しているので、誰でも簡単に360度パノラマVRコンテンツを制作できます。

  • 簡単3ステップ

    3ステップで簡単公開

    PowerPoint®レベルの簡単なマウス操作で誰でも制作可能です。情報を常に最新に保てます。

  • 歩き回る感覚で移動

    まるで歩き回るように移動

    自由に歩き回るようにパノラマ空間内でバーチャル体験。空間の雰囲気や臨場感を伝えることができます。

  • カンタン更新

    公開後も自分でカンタン更新

    新着情報の更新や組み合わせたコンテンツの更新もカンタン!360度パノラマVRコンテンツそのものを、WEBサイトとしてご利用いただくこともできます。

  • シーンに応じたガイド

    シーンに応じたガイドで分かりやすく

    360度パノラマ空間内で、ユーザーが見ているシーンに合わせて、説明や紹介を切り替えるガイド機能を備えております。

  • 空間を楽しませる効果

    空間を楽しませる効果も多彩

    360度パノラマVRコンテンツへの期待感が高まる画面効果が充実しています。

  • 視点切替対応

    地図・図面からの視点切替

    地図やフロアマップなどの図面からダイレクトに空間移動、視点切替をすることができます。

  • SNS簡単共有

    SNSに簡単共有

    FacebookやTwitterなどのSNSに、ボタン1つでVR体験を簡単に共有できます。

  • VRゴーグル対応

    もちろんヘッドマウントディスプレイ等にも対応

    PCやタブレット、スマートフォン、タッチパネルの大型ディスプレイや各種ヘッドマウントディスプレイに対応しています。

VR2.0利用のメリット

VR2.0を使うと、以下の効果が見込めます。

  • iconUp
    営業、マーケティングなどで活用し
    売上アップ
  • iconGear
    教育、研修マニュアルなどに活用し
    業務効率化
  • iconCostDown
    販売支援、コールセンターなどで活用し
    コスト削減

VR2.0で広がる利用シーン

  • 施設案内や営業ツールに

    リアルなツール体験に

    現地に足を運ばなくても、気軽にリアルな体験を提供できます。

    レストラン、ショップ、不動産、セレモニー会場、ホテル/旅館、工場、ゴルフ場、学校のキャンパス案内など

  • 商店街や観光などの案内に

    観光などの体験に

    訪問前の詳細な情報提供や、現地におけるリアルなガイドが可能です。

    商店街マップ、アクセスガイド、観光ガイドなど

  • 空間を活かしたマニュアル
    や教育研修ツールに

    マニュアルやツールに

    ユーザー視点からのマニュアルや、空間を分かりやすく説明できるガイドを作成できます。

    車などの操作マニュアル、ショップの陳列マニュアルなど

  • イベント情報に

    イベントに

    まるでイベントに参加しているような臨場感そのままにバーチャルイベントを開催。イベントアーカイブとしても利用できます。

    ニュース映像、イベント、スポーツ、お祭り、ゲームなど

  • 会社案内・人材募集や
    ホームページ利用に

    会社案内や人材募集に

    360度パノラマVRで、他社にない新しい会社案内や人材募集のWebサイトを制作可能です。

    すべての業種のコーポレートサイト、人材募集ページなど

  • ショッピングサイトや
    コールセンター対応に

    ショッピングサイトなどに

    よりリアルな情報提供により、360度パノラマVRとショッピングサイトを連携し、販促を強化することができます。

    インテリアショップ、アパレル、雑貨など

OEM・販売代理店募集

エージェンテックは、ともに未来を切り開くビジネスパートナーを募集しています。
VR2.0の市場を一緒に開拓しませんか?

詳しくはお問い合わせください。
併せてVR2.0を活用した事業化、サービス化のご相談もお待ちしております。
例)インターネットショッピングモール、WEB展示会、広告商品開発など

  • 電話によるお問い合わせ

    03-3239-3681 ※営業時間 9:30~18:30
    ※土日・祝日・夏季休業・年末年始を除く

  • メールによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

※「Twitter」およびTwitterの青い鳥ロゴは、アメリカ合衆国また他の国々におけるTwitter,Inc.の商標または登録商標です。
※「Facebook」およびFacebookの「f」ロゴは、Facebook,Inc.の商標または登録商標です。
※「Google Streetview」及び「YouTube」ロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※「PowerPoint®」は、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※「SAMSUNG GEAR 360」は、Samsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。
※「RICOH THETA」は、株式会社リコーの商標または登録商標です。
※「Kodak SP360」は、Eastman Kodak 社の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。